Contents
◇TEL:0859-38-6597
◇FAX:0859-38-6599
アクセス


トップページ > スタッフ全国募集

スタッフ全国募集

スタッフ募集

  鳥取大学皮膚科の発展に寄与してくれるスタッフを広く全国より求めております。ポストとしては、空籍があれば助教もしくは講師籍を提供することも可能です。人材として求めているのは、(1)バランスの取れた一般臨床皮膚科医、ですが、特にサブスペシャリティとして、(2)皮膚外科医(3)形態学・皮膚病理学に興味のある医師(4)感染症に興味のある皮膚科医も大歓迎です。自由闊達な雰囲気の中で、のびのびと臨床・研究の腕を磨くことができます。常に外から新しい風を取り入れる努力をしており、やる気さえあれば出身校や研修病院、あるいは他科出身ということで差別することは全くありません。また山陰以外の大学をはじめとする医療機関での数年の研鑽も推進しております。

(1)一般臨床皮膚科医:一通りの後期研修を終え、さらに臨床皮膚科を極めたいという意欲十分な皮膚科医を求めています。バランスの取れた、仁・義に厚い人を歓迎します。もちろん他の施設で十分習得できなかった皮膚病理組織学の知識を得たい人にも門戸を開いています。

(2)皮膚外科医:一定以上の手術技術(切除、植皮、リンパ節廓清など)を持った医師であればどなたでも結構です。現在当科には、皮膚外科担当医師が僅少で、今後の手術件数拡大に伴い広く皮膚外科医を募集しております。自由に手術をしていただいて構いません。

(3)皮膚病理・形態学者:皮疹の形態やダーモスコピー像にこだわりのある人、皮膚の正常・病的状態の形態学研究をやってみたい人を募集しています。特に、全国的に皮膚病理学を志す人材が払底しているのが現状です。皮膚科で形態学に携わっている医師はごくわずかであるため、少し努力すれば全国的に通用する、そしてお座敷に声のかかる人材になることは確実です。山元がこれまでに培った知識を伝えることのできる皮膚病理組織学分野での後継者も広く募集しております。

(4)皮膚感染症専門医:真菌感染症、非結核性抗酸菌感染症、一般細菌感染症など皮膚の感染症に興味のある皮膚科医を広く探し求めています。当科の真菌研究室では培養も自前で行っています。

  なお、助教か講師かは実績によります。講師の場合博士号は必須です。助教の場合、博士号があった方が望ましいのですが、無くても当科で直ちに取っていただくことでも構いません。助教以上の募集については、トップページのお知らせ欄等でその都度案内します。

→お問い合わせはこちら

1. 附属病院皮膚科講師募集

  鳥取大学医学部附属病院皮膚科では講師(任期なし)を全国募集しております。詳しくはポータルサイト JREC-IN ホームページ https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=1&id=D115100190&ln_jor=0 をご覧下さい。→

                                    .

 上記につきましては、平成27年9月末より10月26日を締め切りとして、学内メールおよび JREC-IN を通じまして全国募集しましたが、10月26日まで海外(スイス)より 1名(日本人)応募があり、そのまま26日に締め切りとさせていただきました。

 次回、もう一つ籍の空いている講師の全国募集を行う際もホームページ上に掲載しますので、よろしくお願い申し上げます。