Contents
◇TEL:0859-38-6597
◇FAX:0859-38-6599
アクセス


トップページ > 患者の皆様へ > 当科で行っている診療内容の具体的なご案内

当科で行っている診療内容の具体的なご案内

診療内容

  この項目では、当科で行っている具体的な診療内容をご案内します。患者の皆様には受診の際の参考にしていただければ幸いです。

 当科では、皮膚疾患全般、特に皮膚・皮下脂肪の悪性腫瘍(がん)/良性腫瘍、デルマドローム(内臓疾患の皮膚への反映で内臓疾患の早期発見の手がかりとなる皮膚の徴候)、薬疹、しっしんやアレルギー性皮膚疾患(アトピー性皮膚疾患を含む)、自己免疫疾患(水疱症など)、乾癬、イボや帯状疱疹、みずむし、とびひ、といった感染症など皮膚に症状が現れたものすべて(重症・中等症のやけどを除く)をあつかっています。下に述べますように、他所で診断のつかなかった患者さんの最終病理診断、皮膚がん診療、感染症診療、デルマドロームの診療に、特に重点を置いております。数多くの患者さんが、早期に発見され、大事に至りませんでした。重症になる前に診断をつけることこそが、なによりも重要です。

 当科では患者さんに不安を与えないよう、十分な説明を心がける、敷居の高くない診察を行っています。受診を希望される方は、かかりつけ医師にお願いすれば(病診連携の精神上)紹介状を書いて下さいます。皮膚に少しでも不安のある患者さんは、是非とも当科に早めの受診をお願いいたしします。

 最後に、皮膚癌がんにつきまして再度強調しますが、皮膚に生じたいわゆる「出来物」は皮膚専門医が診療すべき対象です。すなわち、山陰地域では皮膚がんが見過ごされ、進行してしまってから皮膚科専門医に受診したが、すでに手遅れであったという患者さんが山のように存在します。たかが「おでき」と思わず、直ちに皮膚科専門医に診てもらって下さい。

1.皮膚悪性腫瘍(皮膚癌)をはじめとする皮膚腫瘍・母斑

  皮膚癌には悪性黒色腫(ホクロのがん、あらゆる臓器のがんの中でも最もたちが悪い)、基底細胞がん(最もありふれた皮膚がん)、日光角化症(お年寄りの顔面に多い早期皮膚がん、鳥取県に非常に多い)、ボーエン病(早期皮膚がん)、有棘細胞がん(転移しうる)、乳房外パジェット病(湿疹やたむしに酷似した陰部に多いがん)など様々な種類があり、その診療に豊富な経験を持ちます。いずれの癌も初期であれば、生命の危険を回避し、完治に近い状態が得られますので、ごく早期に精確な診断をつけることに心がけております。最終診断は、当科が得意とする皮膚生検による病理組織学的検査によって行います。しばしば良性の他の皮膚疾患に間違えられますので、患者さんには早めに皮膚科専門医に受診されることをお勧めしています。当科では、皮膚癌に対し数多くの手術を行っていますが、病変が非常に巨大かつ深部に進行していた場合や深部のリンパ節廓清が必要な場合は、耳鼻科、消化器外科、婦人科、形成外科の応援をいただいて手術を行うこともあります。少しでもおかしいなと思われたら、気軽に大学病院を受診されることを勧めます。経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします。

  1. 悪性黒色腫
    あらゆる癌の中で、最も生物学的に悪性度の高い癌で主に皮膚や粘膜に生じます。治療の第一選択は手術ですが、時期によっては術後や、あるいは手術不能な進行期の黒色腫には化学療法(抗がん薬による治療)を行います。化学療法に関しましては、最新の考え方による抗がん薬が開発され、臨床現場に登場していますが、当科でも 2014年より使えるようになりました。当科でもかなりの効果が確認されております。皮膚生検(切除生検、もしくは頭頸部領域を除く部分生検)によって診断します。
  2. 有棘細胞癌
    ごく早期の癌であるボーエン病や日光角化症を含めると、最もありふれた皮膚癌です。治療の第一選択は手術ですが、ごく早期の場合は、液体窒素療法やイミキモド(少々難しい話になりますが、樹状細胞という免疫担当細胞の表面に発現する toll-like receptor という受容体に作用して免疫系を賦活する薬剤)を用いて治療する方法も選択できます。術前・術後や、手術不能例に対し放射線療法や化学療法を行うこともあります。皮膚生検によって診断します。
  3. 基底細胞癌
    この皮膚癌も良く見られます。手術療法が基本です。浸潤・破壊性が強いため、しばしば術中迅速病理組織検査を行い、十分な切除範囲の確保に努めています。皮膚生検によって診断します。
  4. 乳房外パジェット病
    まれな皮膚の腺癌ですが、日本人には比較的多いと言われます。手術療法が基本です。原則として術前にmapping biopsyといって、切除範囲決定のための病理組織学的検査を行います。進行期には化学療法を行います。白癬(水虫、田虫)や湿疹・皮膚炎に酷似するためしばしば誤診され、手遅れになることがあるため、皮膚科専門医による診療が必須です。皮膚生検によって診断します。
  5. 皮膚附属器癌
    脂腺癌や汗腺癌が含まれますが、有棘細胞癌に準じた治療を行います。皮膚生検によって診断します。
  6. 隆起性皮膚線維肉腫
    まれな間葉系悪性腫瘍ですが、手術療法が主体です。浸潤性が著しいため、より広範にかつ深く切除する必要があります。その理由は、切除範囲が不十分で再発を繰り返すと、より悪性度が高まっていくからです。皮膚生検によって診断します。
  7. 母斑・母斑症
    一種の皮膚の奇形です。整容的に問題になる場合が多いため、切除を希望される患者さんも多く、その場合は積極的に手術を行っています。当科の吉田は神経線維腫症の厚労省研究班員の一人で、数多くの患者さんの受診希望があります。
このページのトップへ

2.センチネルリンパ節生検

  皮膚悪性腫瘍が所属リンパ節転移する場合に、最初に癌細胞が到達するリンパ節を探し出して摘出し、主に病理組織学的に癌細胞の有無を調べる最新の方法です。癌細胞が陰性であれば、余分なリンパ節廓清をせずにすみ、患者さんのQOLを著しく改善させます。当科では、色素法、ラジオアイソトープ法の両者を行っています。また造影剤を用いて3D-CT上でセンチネルリンパ節を立体的に描出する試みも行っています。

このページのトップへ

3.ダーモスコピー検査

  非常に新しい診断手技の一つで、特に悪性黒色腫や基底細胞癌といった黒色を呈する腫瘍と、それに類似した色素性病変との鑑別に威力を発揮します。解釈の難しい場合は、ダーモスコピーを得意とする皮膚科専門医にコンサルトできる体制も敷いております。

このページのトップへ

4.難治性多発性円形脱毛症

  副腎皮質ステロイドの局所注射、局所免疫療法(DPCP、 SADBEを用いる)が可能です。 また16歳以上で発症6カ月以内の患者さんに対し、ステロイドパルス療法を行い良好な結果を得ています。

このページのトップへ

5.乾癬

  主な治療法は、副腎皮質ステロイド外用、ビタミンD外用といったスタンダードな外用療法以外に、シクロスポリンやビタミンA誘導体の内服療法も可能です。前者の場合、定期的な血液検査(薬の血液中の濃度測定を含む)を行い、適切な薬の量であるかを確認します。病棟には全身紫外線照射装置も完備しており、紫外線療法(PUVA)も可能です。光線療法の一つとして、現在他施設ではほとんど行われなくなったカーボン太陽灯を用いたゲッケルマン療法も可能です。
  また、既存の治療では十分効果がない重症の尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬に対し、最新の治療である炎症をもたらす特定の因子に直接作用して症状を改善することのできるいわゆる生物学的製剤による治療も行っています。生物学的製剤による治療も行っていますが、数多くの薬剤が登場し、当科でも選択肢が幅広くなっております。また、これらのお薬は慣れている医師でないとなかなか使い辛いのですが、当科ではその経験豊富なスタッフがそろっております。

このページのトップへ

6.アトピー性皮膚炎

  学会が推奨するガイドラインに沿った通常の外用・内服療法が主体です。副腎皮質ステロイド外用薬は、重症度に合わせてランクを変えるなど、個々の患者さんのスキンコンディションに合わせたオーダーメード治療を行います。またスキンケア療法にも重点を置いています。
  16歳以上の最重症患者さんを対象としてシクロスポリン(免疫抑制剤)の内服治療も可能です。悪化時に一時的に内服を行い、改善後は再び外用薬を中心とした治療を行います。
  患者さんに十分に説明し、出来る限りご希望に沿うよう努めています。

このページのトップへ

7.自己免疫性水疱症(天疱瘡、類天疱瘡、あるいはその類症)

  原則として入院の上、副腎皮質ステロイド内服療法を行います。また難治の場合ステロイドパルス療法を行うこともあります。ある特定の病型ではγ-グロブリン大量療法を行うことも可能です。類天疱瘡はお年寄りに多い自己免疫性水疱症ですが、鳥取県が高齢者県であるのを反映して、数多くの患者さんが訪れます。ステロイド治療は、やはり慣れた医師でないとなかなか難しく、当科では経験豊富なスタッフがそろっております。

このページのトップへ

8.重症薬疹

  これだけ広範な疾患に多種類の薬剤が使われている現実を考えますと、不幸ではありますが薬疹の発症は避けて通れない問題です。薬疹は、あらゆる皮膚疾患を模倣して出現すると言われ、当科が得意といたします皮膚病理組織検査をはじめ皮膚科専門医による検査・診断に頼らざるを得ません。早期に診断をつけないと、進行して手遅れになる病型もあります。  このように病理組織診断を含む適確な診断を行った後、原則として副腎皮質ステロイド内服療法を行います。重症型ではステロイドパルス療法も可能です。大量γグロブリン療法を行うこともあります。

このページのトップへ

9.皮膚感染症(細菌、ウイルス、真菌)

  当科で特に重点を置いている疾患として皮膚感染症が挙げられます。まずは、皮膚症状より感染症であるか否かを的確に判断します。続いて、細菌感染症であれば、適宜培養検査や、場合によっては病理組織学的検査を行います。また、抗酸菌感染症(皮膚結核や非結核性抗酸菌症)が疑われる場合は、皮膚生検を行い、さらに検体の一部を培養検査にまわすことで診断を確定させます。最近の遺伝子的検索を行うこともあります。最近地球温暖化のためか、従来南方でしかみられなかった感染症がここ鳥取県でも見つかることがあり、これらの感染症に対し経験豊富な医師がそろっており、適確な診療を行います。ウイルス感染症でも、抗体価を測定するなどの方法で診断します。水疱を生じるウイルス感染症(ヘルペス感染が代表です)では、水疱内溶液より迅速にウイルス感染細胞を検出する診断手技を身につけている医師がそろっております。真菌(いわゆるカビ)感染症のうち、水虫・タムシなど表在性皮膚糸状菌感染やカンジダ感染では、まず患者さんの鱗屑(皮膚の表面の皮むけ)から直接顕微鏡を覗くことで寄生を診断できる手技を持った医師がそろっております。また、皮膚の深いところにも真菌は感染しますが、その場合病理組織検査とその検体からの真菌培養が重要ですが、精通して医師がそろっております。また、真菌培養のできる皮膚科施設として鳥取大学皮膚科は全国的にも数少ない存在です。

 それぞれの感染症に対し正しい評価をした後、病原体に対し、抗生物質、抗ウイルス薬、抗真菌薬を適宜用いております。難治性真菌感染症(爪白癬など)に対し、抗真菌薬内服やパルス療法も行います。

このページのトップへ

10.デルマドローム(内臓疾患の皮膚への反映)

  「皮膚は内臓の鏡」と言われるくらい。内臓疾患(内臓がん、糖尿病、高脂血症、肝臓病、腎臓病、膠原病、血液疾患など)のかなりの数が、部分症状としての皮膚疾患として現れます。逆に言えば、皮膚の症状から内臓疾患が、しかも内臓の障害の程度が軽い内に見つかる可能性があるわけです。熟練の皮膚科医は、人間の体が皮膚に警告として表したサインを見逃すことなく適確に診断し、早期発見につなげることが出来ます。当科ではこのようなデルマドロームと呼ばれる皮膚疾患の診療に重点を置いております。これまでに、内臓がんや膠原病が進行する前に、当科で適確に診断された患者さんは多数にのぼり、大変感謝されております。

11.美容外来

大学病院で美容診療を行う最大の利点は、皮膚科専門医が肌の状態を的確に把握し、その上で必要な処置のみを行うことであると考えております。初期の判断や治療過程での判断に誤りがあると、本来改善するはずのシミが逆に悪化したなどということは美容の現場で実際に起こっています。また、シミと思って治療したら実はほくろのガンで、大変なことになったという患者さんもおられます。当科では安全性と苦痛のなさを第一に考えたうえで治療方法を慎重に選んでおります。ケミカルピーリング法はシミ(老人性色素斑、肝斑、雀卵斑)、ニキビ、小ジワなどに適応があります。ニキビ治療では、悩み多き若い人を中心に成果を上げております。また、ロングパルスアレキサンドライトレーザー(Gentle LASE)という機器を用いてレーザー脱毛を行っております。
このページのトップへ

12.陥入爪

  陥入爪に対するワイヤー治療(自費)を行っております。これは特殊な金属でできたワイヤーで、手術等の苦痛を伴う手技を駆使することなく湾曲した爪を矯正する方法です。

このページのトップへ

13.皮膚病理組織検査

  皮膚科診療の根幹をなす検査方法で、当科が最も得意とする分野です。臨床診断が難しい例でも、病理組織検査により診断がつくことがしばしばあります。当病院では、まず一般病理診断医が診断をし、さらに皮膚病理を専門とする山元がチェックし、最後に教室員全員でのカンファレンスの場で検討するという2重、3重の体制を敷いております。さらに難しい場合は、外部の皮膚病理を専門とする皮膚科医にコンサルトしております。皮膚病理診断は、最終確定診断の重要な鍵(特に悪性腫瘍)を握りますが、実際に皮膚の所見をとる皮膚科専門医が行って初めて、その精度が保たれます。当科では、複数の皮膚病理診断に長けた医師が居りますので、精度の高さは全国トップクラスと自負しております。診断にお困りの際は、是非とも当科をお頼り下さい。

このページのトップへ

14.エコー検査

  安価かつ患者さんに負荷のかからない画像検査法で、検査技師さん任せでなく、診療にあたる当科の医師自らが検査し、診断します。皮膚専用の探子を用い、高画像で病変を描出します。

このページのトップへ

15.皮膚アレルギー検査

  接触皮膚炎(いわゆる「かぶれ」)の原因物質を検出するためのパッチテスト(貼付試験)や、蕁麻疹やアナフィラキシーの原因抗原を検出するための皮膚反応試験を行っています。薬剤アレルギー検査のためのチャレンジテストも行っていますが、この場合原則として入院・血管確保下での検査になります。

16.入院について

 皮膚腫瘍(良性からがんまですべて)や母斑(ほくろ、あざ)をはじめ、アトピー性皮膚炎、水疱症、乾癬などの難治性疾患、帯状疱疹や丹毒などの感染症まで多岐にわたります。特に皮膚外科治療に力を入れており、手術室、外来処置室での手術件数は年間500件以上と山陰地方随一を誇っております。現在医療事故防止の観点などから、手術はできる限り設備の完備した中央手術室で行なう方針にしております(ごく小型の腫瘍は外来処置室でも可能です)。やはり、外来診察室の隣の小さな処置室で行なうより清潔であることはいうまでもありません。

17.さいごに

 当科では鳥取県西部・中部および島根県東部地域のみならず、山陰地方全域および岡山県北部をも対象地域としており、地域機関病院皮膚科が担うべき役割を認識し、高齢化や複雑化する社会環境・医療環境のなかで皮膚科医に要求される医療を効率的に提供できるよう、スタッフ一同努力していきたいと思っております。また、当科に限って言いますと、大学病院であるからといって決して敷居の高い診療を行なっている訳ではなく、どなたでも、またご自身がたいしたことがないかも知れないと思われる疾患でも診察いたしますので、お気軽にご相談下さい。