Contents
◇TEL:0859-38-6597
◇FAX:0859-38-6599
アクセス


トップページ > 皮膚病理へのいざない > 3. 電子顕微鏡でミクロの世界を観てみよう

3. 電子顕微鏡でミクロの世界を観てみよう

  電子顕微鏡はかつて一世を風靡した研究領域で、病理診断にも盛んに使われていた時代がありました。現在では免疫組織化学に取って代わられ、ほとんど活躍する場がないのが現実です。今では皮膚科医で電子顕微鏡の技術を有する人材はほとんどいません。しかし、免疫組織化学の染色性に信頼がおけない場合も多々あり、廃れたとはいえ、電子顕微鏡による病理診断の場はまだ沢山あります。特に腫瘍の分化を決定する時に威力を発揮します。その一端を以下に示します。

 なお、鳥取大学皮膚科では、山元がこれまで培ってきた電顕皮膚病理学の知識の継承者を広く募集しておりますので、この点もどうか宜しくお願い申し上げます。

1)アミロイド(Amyloid)

アミロイド(Amyloid)

  アミロイドは、光顕的にコンゴ赤やダイロンにて染色するのが一般的ですが、その染色性は100%保証されているわけではありません。やはり最終的に電顕で確認するのが確実とされます。図のように、分岐しない直径6~10nmの直線状の線維構造が認められれば、アミロイドと確認できます。

2)メラニン顆粒(Melanin granule)

無色素性悪性黒色腫

  無色素性悪性黒色腫の病理組織診断は非常に難しいと言われます。メラノソームを確認すれば、色素細胞への分化が証明されますので、診断の大きな手がかりになります。図(無色素性悪性黒色腫)のように、未熟なメラノソームを確認できるのは電顕だけです。

3)バーベック(Birbeck)顆粒

ランゲルハンス細胞

  ランゲルハンス細胞を確認するには、免疫組織化学的にCD1aやS100蛋白を染めるのが一般的になっていますが、やはり微細構造的マーカーであるバーベック顆粒の存在を証明するのが確実です。図(ランゲルハンス細胞)の様なテニスラケット状のバーベック顆粒が認められれば、ランゲルハンス細胞と同定することは容易です。

4)有芯顆粒(Dense-core granule)

特異的な神経内分泌顆粒

  メルケル細胞は、免疫組織化学的にCK20をマーカーにすることが多いのですが、時に染色性が一定しないため、やはり電顕的にメルケル細胞に特異的な神経内分泌顆粒(図)の存在を証明することが、その同定に確実です。

5)X線微量分析(EDX analysis)

ミノサイクリン色素沈着症の透過電顕像

  電顕上で微量元素分析が可能です。図はミノサイクリン色素沈着症の透過電顕像ですが、細胞内の電子密な顆粒部分をEDX分析することで、特徴的な鉄のピークを得ました。
  鳥取大学医学部にはX線微量分析の可能な、走査型電子顕微鏡と最新式の透過型電子顕微鏡が備わっており、いつでも分析可能で、診断や研究に威力を発揮しております。