Contents
◇TEL:0859-38-6597
◇FAX:0859-38-6599
アクセス


トップページ > 入局案内 > 新入教室員(医員)募集 > 大学での皮膚科研鑽とその後の進路

大学での皮膚科研鑽とその後の進路

1.皮膚科医を目指す場合の2つの選択肢

  皮膚科医を目指し研鑽を積む場合、市中の病院で継続して研鑽する場合と、初期研修終了後大学の皮膚科教室の一員になる場合とが考えられます。皮膚科の場合、初期研修は市中の病院でも十分ですが、専門教育については、大都市の一部の有名病院を除きスタッフの数が少ないこと、大学病院にはその地域のありとあらゆる患者さんが集中すること、皮膚科の高度な医療の実践に必要な機器と関連する部門が大学病院には充実していること、セカンドオピニオン・サードオピニオンを聞きやすいこと、最先端の情報を得やすいこと、図書が充実していること、スタッフが多いので学会に参加しやすいことなどの理由により、大学附属病院で受けるのが効率的かつ有効です。

2.鳥取大学皮膚科での研鑽

  鳥取大学医学部皮膚科では、まず専門医の取得を第一の目標にしております。専門医試験は年々難しくなっていますが、様々な患者さんを診ることができ、教育環境の整った大学病院皮膚科で研鑽を積めば、試験合格はそれほど難しくありません。また、専門医試験受験資格を得るため求められる最低3つの論文も、当科では指導体制が行き届いている関係から、これまでの研修医は年に1本の割合で、しかも英語論文を書いてきていますので心配ありません。専門医試験では口頭試問にて病理組織像について問われますが、当科で研修を受ければ容易にクリアできます。専門医資格取得は登竜門であってゴールではありませんので、さらなる研鑽が必要ですが、その過程の中から(1)研究の道を邁進し将来の鳥取大学皮膚科を担う人材になる、(2)関連病院の部長に就任する、(3)開業する、という3つの主な道が開けてくるものと思います。
  以下興味のある道をクリックして下さい。
  どのような道を選んだとしても、日本中どの地域に行っても通用するような、あるいはそれ以上の臨床教育を施します。米子市は非常に閑静で自然豊かな土地柄ですので、世俗の誘惑に惑わされず勉強に打ち込むことの出来る環境です。また出身大学や出身科(他科よりの転身組)によって差別することは全くない当科で、皆さんも我々と一緒に皮膚科学を極めてみませんか!
1)鳥取大学皮膚科を支える人材になる 
2)関連病院皮膚科部長への道
3)開業への道

天草の夕景
天草の夕景


(1) 鳥取大学皮膚科を支える人材になる :大学ですので教育・研究・診療の3本柱を担うことになります。教育の現場で次世代を担う人材を教育することは大変やりがいがあります。診療についても、地域より紹介された難しい疾患を診ることになりますので、高度な医療技術が要求されます。また自分のやりたいテーマに沿って、研究を進めていくことになります。従って、学位を取得することがまず求められます。さらに、上を目指したい人には海外留学をお勧めします。この過程の中から、自ら求めれば助教、講師、准教授、教授と昇格していくことになります。また他大学に移籍してそこで活躍することも、教授同士の話し合いによっては可能です。


(2)関連病院皮膚科部長への道:鳥取大関連病院皮膚科部長のポストについては全く充足していないのが現状です。現在空席状態にあるのが、鳥取赤十字病院、鳥取厚生病院、済生会江津総合病院などで、地域より人材が求められています。また、大阪や東京、九州にも拠点病院を置きたいと考えています。診療が主たる業務になりますが、当然地域の基幹病院として周囲の家庭医の先生から頼られることになりますので、それなりの実力が求められます。そのための十分な研鑽は大学在籍中に、当教室で十分積むことができます。また、重症患者や高度の手術手技が求められる患者さんの診療は、すべて大学にて引き受けています。不安無く部長職に就くことが出来ます。


(3)開業への道: 開業については、皮膚科では診断から治療まで一貫して診療することができる、すなわち余程の重症や癌でない限り実力さえあれば自分の腕一本でやって行ける点で、必ずしもその土地の大学病院などに所属してその傘下に入って開業しなければならないとは限りません。もちろん、その土地の基幹病院皮膚科とはうまくやっていく必要がありますが、現在の医療状況では基幹病院も地域の開業の先生と病診連携で密接に結ばれ、患者さんを紹介してもらわなければ収益的に生き残って行けないという事情があり、開業医は大事にされるはずです。従って、鳥取大学皮膚科でみっちり修行を積み、全く山陰とは別の地域で落下傘降下型開業することは容易なことです。実際当教室のOBは、山陰地区以外で開業されている方が多くを占めています。

皮膚科専門医資格取得について